USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

女性と会話するのにどんなネタが効果的?

恋愛に不慣れな男性からすると、女性と会話をするのって難しいですよね…。

どんなネタを話せばいいのか、そもそも何を聞けばいいのか。

今回は女性との会話に悩んでいる男性たちにご紹介します。

このページできっと会話が上手くなるはず!!

スポンサードリンク

 

女性と会話するのに何を聞けばいい?

 

女性と会話するのに、どんなことを聞けばいいのかということになのですが、これには完全に手順化されたマニュアルのようなものなどはありません。

女性にどんなことを言えばいいのかをすべて教えてほしいと思っている男性はたくさんいます。

ですが、こうした考え自体が誤りなのです。

 

要は、「聞きたいこと」をみつけることができればいいのです。

人に対する質問にはいくつかの種類があります。

まずは、挨拶がわりの質問。

 

そして、その答えをもとにした第二段階の質問が続きます。

ほんとにそれだけのことなのです。

基本は、あなたが彼女に質問をして、その返事が返ってきてから、つぎの質問をする。

 

要するに人と普通に会話しているときのやり取りとほとんど変わるところはありません。

そのように次々に質問をしていけば、いつしか彼女のことが分かってくるはず。

彼女は質問に答えることでリスクを負い、あなたは質問することで、自分の気持ちをさらけだし、同じようにリスクを負う。

 

では、ここで女性に質問するときのコツをいくつか紹介します。

ホメれば、彼女はもちろん喜びます。

しかし、わたしたちの多くは、女性をホメるのが苦手。

 

しかし、最初から彼女をホメる必要はありません。

もっと手軽な、質問形を取ればいいのです。

質問することでホメたことになるから。

 

もちろん、彼女のプライドを傷つけるような内容のものは厳禁!!

「その髪の毛、どうしてそんなになっちゃったの」

「なんでそんなばかなことをしたんだい」というような質問はもちろん論外。

 

そういった軽口が通じる仲であれば問題はないのですが…。

はじめて会う女性には、当たり障りのない質問からはじめたほうがいいでしょう。

相槌しか打てないような質問は、聞いてもあまり意味がありません。

 

たとえば、ある男性が女性とロックコンサートに行ったときに「この床ベタベタしてるね」と言ったとします。

これは質問というよりは不満を述べているだけで、彼女は「そうね」としか答えられないのです。

質問をするときには、彼女が「答えられる」質問で、彼女の心に入っていく必要があります。

 

あなたがロックコンサートに行って女性に「今日のライブ、よかったね」と言ったとします。

これは自分の感想を述べているのであって、質問ではありません。

大切なのは、彼女の気持ちを聞くこと。

 

女性と信頼関係を結びたいなら、この違いをしっかりと知っておくといいでしょう。

そんなのは当たりまえだと思うかもしれませんが、ごっちゃにしてしまう男性はけっこう多いのです。

質問とは、言葉のキャッチボールです。

 

自分の意見や感想を押しつけていては話はそこで止まってしまいます。

はじめて会う女性は、あなたの意見や感想を聞くよりも、自分のことを話したいと思っています。

だから、彼女についての質問をするべきなのです。

 

あなたがどんな色が好きかを教えるまえに、彼女の好きな色を聞く。

買ったばかりのCDを自慢するかわりに、どんな音楽が好きかと尋ねてみる。

季節の好みも、まずは彼女に聞いてみる。


スポンサードリンク


 

女性を口説きたいのでしたら、「ここはよく来るの?」というような社交辞令的な質問はするべきではありません。

また、天気の話題も避けたほうがいいでしょう。

このような質問はあまりにも平凡で、彼女に退屈な印象をあたえてしまうからです。

 

「君は何座?」と星座を聞くのも下手な芝居のセリフのようで、単細胞だと思われてしまう傾向も。

彼女に好印象をあたえるためには、あなたの興味で質問しましょう。

返事が返っできたら、「へぇ」「ホント?」「そうなんだ」といった相槌を打ってからつぎの質問に移るようにすると、話がスムーズに展開していくはずです。

 

質問と質問のあいだにワンクッションを置くようにすれば、栓索がましい印象もあたえずにすみます。

ただ、刑事の尋問のように質問をたたみかけるのは厳禁。

男性のなかには「どうして?」を連発したり、彼女を質問攻めにしてしまう人がいますが、それでは嫌われてしまう恐れも。

 

質問はひとつずつ、ゆっくりとしたぺースで尋ねることがコツ。

こうすれば会話は自然に進んでゆくのです。

あなたは、女性のまえでだと舞い上がってしまうタイプですか?

 

はりきるのは別にかまわないのですが、興奮してたて続けに質問をしてしまい、彼女に答えを考える余裕をあたえなかったりしてはいけません。

もし心あたりがあったら、次からは彼女がじっくり考えて答えられるようにぺースダウンし、ときどき相槌や話を言うようにすればいいでしょう。

 

会話でのコツなのですが、たとえば、「芸術は好き?」と「どんな芸術が好き?」には大きな違いがあります。

わたしたちの架空の会話で違いを見てみましょう。

 

A君「君は芸術が好きかい?」

B君「はい」

こんな質問では、答えたら、そこで話が終わってしまいます。

 

A君「君は芸術はなにが好きなんだい?」

B君「○○はいいよね。とりわけサイズの大きな抽象画が好きだ」

A君「抽象画以外で好きな作品は?」

B君「キャンパスにペンキを缶ごとぶちまける製作風景を撮った映画があるんだけど、あれは面白いね。自伝も興味深いよ」

 

A君「作品を直接見たことはある?」

B君「○○で個展が聞かれたときにいくつか見たよ」

と、こんな具合にどんどん話が広がっていくのです。

 

「はい」か「いいえ」でしか答えられないような質問では、こうはいきません。

たとえば、「今日のライブ、楽しかった?」という質問で彼女が答えられるのは、YESとNOの二つの選択肢だけ。

いっぽう、「今日のライブ、どうだった?」、「どの曲がよかった?」といった質問をすれば、いろいろな答え方ができます。

 

女性に質問をするときにはこういった点に注意し、二者択一の質問はしないように心がけるといいでしょう。

なので、彼女と会話するのにネタなどは必要ないのです。

とにかく、YESやNOの返事で答えれる質問と自分の感想を言ったようなネタだけは避けましょう!!

 

他の人気ページはこちらです!

→男性が恋愛で失敗する理由は2つ!

→彼氏が彼女へ愛情表現する方法!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930