USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

愛するということの意味!

誰でも好きな人と付き合うことができれば、愛し合いたいと思うことでしょう。

しかし、男性よりも女性の方が愛しすぎてしまう傾向にあることがわかっています。

本当に愛するという意味をわかっていない女性は必ずといっていいほど別れる原因になってしまうのです。

 

このページでは「本当の愛するという意味」をご紹介します。

彼に対して尽くすことが愛するということではないことがこのページでわかることでしょう。

そして、今後の彼への対応を見直すきっかけにしてもらえれば光栄です。

スポンサードリンク

 

「愛しすぎる女」になってしまう

 

恋人を深く愛することは、もちろんなにも悪いことではありません。

また、よく心理学系の本に書いてあるように、共依存の関係が悪いわけでもありません。

恋人同士になるということは、大なり小なりお互いに相手に依存する関係になることであり、相手なしでは自分の人生が無意味に思えるくらいのところがなければ、恋していてもおもしろくありません。

 

むしろ、そのくらいの思いがあってはじめて、恋をする意味もあるというものでしょう。

でも、男を愛すると、自分の基本的な考え方を変えて、自分のそれまでの人生までなんとなく否定してしまう女性がよくいます。

これも私の知り合いの女性ですが、とても美人でセンスもあって頭もいいのに、男に恋をすると、その愛する男を立てようとするあまり突然自分を失って、すべて男の言うとおりに考え、行動しようとしてしまう人がいます。

 

男の寂しさや悲しさをよく理解しているところまではいいのですが、まるで保護のお母さんが子供を扱うように、男が少しでも傷ついたり悲しんだりしないように、先回りして男の対面を守ったり、救ってやろうとするんですね。

たとえば、彼はほかの女性の気を引くために、服装やアクセサリーに対して異常に金も気も使います。

彼女は彼の魂胆を知っていながら、それをとがめることもしません。


スポンサードリンク


 

それどころか、わざわざ「あの人も男だもの」などと言って、まわりの人の冷たい視線や笑いから守ってやろうとします。

案の定、男は自分のワガママを平気で見せるようになり、彼は甘やかされた非行少年のように、すぐほかの女性に手を出すようになってしまいました。

当然ながら、二人の関係も行き詰まりました。

 

美人でセクシーなところもあるのでモテるのですが、かわいそうなことに、男とつき合うと結局いつも不幸になってしまうんですね。

このような女性も、けっこういると思います。

男にとっては、ある意味では、「究極のいい女」なんでしょう。

 

美しいパラにはトゲがあると言いますが、こういう女性の持つ「愛しすぎる」という特質も、一種のトゲなのだと思います。

ふつうのトゲとは反対の性格ですが、最後には愛し合う二人の関係を破壊してしまうのですから。

 

【恋愛心理】

 

●「深く愛す」のと「愛しすぎる」のとは違うという認識を。

 

●「愛しすぎる」というのはその男のために自分を変えてしまい、基本的芯考え方や自分の人生まで否定してしまうこと。

 

●「愛しすぎる」女性との関係のなかでは男は必す堕落してしまい、二人の関係は必ず破綻が来るということを忘れずに。

 

●自分を失わずに恋人を「深く愛する」ととは、なにもむすかしいととではありません。

一度頑張って試してみたらどうでしょう。

そのほうがすべてがうまくいくことはすぐにわかります。

 

関連記事

→運命の人と出会う方法、出会う場所はある!

→モテない理由と友達以上恋人未満でデートから発展しないわけ!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30