USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

女性は特別扱いされるのが好き!

女心も男心と同様でよくわからないものです。

でも、本当に好きな人と付き合うことができた女性は必ずと言っていいほど特別扱いされることが好きなのです。

しかし、現代の男性はその特別扱いするということをわかっていない。

 

また、恥ずかしがってすることもできない男性もいる。

これでは女性の心をつかむことなどできません。

では、女性が思っている特別扱いというのはどんなものなのでしょうか。

 

今回はそのことについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

 

女はいつでも特別扱いされるのが好き

 

女性は自分一人が選ばれ、特別に扱ってもらうのが大好きだ。

初めての大々的な家族パーティーを開いた時、私はこれをいやというほど思い知らされた。

ある妻が家の準備をしている間、私は自分のオフィスに行っていた。

 

家に戻った時、私はビデオカメラをもって帰るのをちゃんと覚えていたので内心大得意だった。

家族パーティーをビデオにおさめるのを何より大事に思っているくせに、仕事上の問題に熱中してほろりと忘れてしまうことが今までよくあったからだ。

家に着くと、顔ぶれはみな揃っていた。

 

私は居間に直行してレコーダーとライトとカメラをセットした。

私があれこれ器具を動かしていると、子供たちが挨拶をしに駆けてきた。

親戚たちもおいおい居間に集まってきて、抱擁を交わしたり世間話などしながらも、私はビデオの機械をきちんとセットしようと準備の手を休めなかった。

 

それが終わって、私は妻に「ただいま」を言おうと台所に行った。

カメラのことを覚えていたばかりかセッティングまで全部やったのだから、当然のように妻の喜ぶ顔を期待していた。

ところが妻はよそよそしくてつんとしている。

 

彼女は私がまず「ただいま」を言ってから、カメラの元へ行くことを期待していたらしい。

私はびっくりしてしまった。

男の視点からすれば、彼女が私に会いたいのならいつでも居間に来ることができたはずなのだから。

 

やっとこ話ができた時、彼女は私に無視されているようで傷ついたと言った。

彼女は私が家に帰った時、まっすぐ自分のところに来てぎゅっと抱きしめ、他の人たちに挨拶し、それからカメラのセットをして欲しかったのだ。

カメラのセットを先にやってしまったために、私は彼女を自分は特別だという気分にできなかった。

 

彼女の目には、私がカメラに集中していたことが、カメラの方が彼女より大事だとうつったのだ。


スポンサードリンク


 

何のためにレディファーストがあるのか

 

もし私が心を自己弁護の鎧で固めていたら、きっと妻が理屈に合わないことをいって過大な要求をしていると決めつけたに違いない。

だがロマンティックな観点からいえば、彼女の言い分はもっともだった。

たしかに私も彼女や子供たちが私を見てパッと目を輝かせる姿が好きだ。

 

その姿がいつも私を特別だと感じさせ、いい気分にしてくれる。彼女が同じ気持ちを味わっていけないはずがないではないか?

私は女性にとって、われわれ男性に選ばれることがいかに大切かを悟った。

口で言って態度で示してあげないかぎり、女性は自分がわれわれ男性にとってどれほど特別な存在か実際にはわからない。

 

たくさんの可能性が視野に入るために、女性は男性にとってカメラや何かの方が自分より大切なのかもしれないという想像に陥りやすいのだ。

男性には妻がよもやそんなふうに感じているとは思いもつかない。

つまるところ彼は妻を愛しているのが自分でわかっているし、だから妻にもそれがわかっているはずと思う。

 

しかし妻にはわからない。

そう自動的にわかるものではないのだ。

ちゃんと口で言ってもらわなければならない。

 

何度も何度も。

この男女の違いがわかるようになって、私は妻の求める特別扱いをするのなどお安いご用だということにも気がついた。

今日まで私が帰宅して何をおいてもまず先にやることは妻を見つけ、キスして抱きしめ、今日はどんな一目だったとたずねることだ。

 

妻が私の人間関係セミナーに顔を出すと、私はまず彼女のところに行って抱きしめる。

私と話そうと待っている人たちがズラリと並んでいてもである。

以前は話そうと待っている人たちを優先していた。

 

何しろ彼らのために設けた時間なのだし、妻とはいつでも話せるからだ。

だがこの態度はロマンスとはほど遠く、女性に自分は取るに足らないありふれた存在だと感じさせてしまう。

女性を特別だと感じさせるための単純明快な鉄則は、他の人と区別して接すること、そして誰よりも優先することだ。

 

いいものを最後にとっておくのなんかやめなさい。

このロマンスの論理で、小さなことをやるだけで女性の気持ちがうんと慰められ安らかになるわげは説明がつく。

女性のために車のドアを開けるのがいい例だ。

 

車のドアを聞けてあげることで、男性は彼女を支えようという意志と意欲を態度で示しているのである。

彼女にドアの開け閉めができないというのではない。

この単純な動作が、愛するパートナーを気づかう気持ちのジェスチャーなのだ。

 

彼にとって彼女は大事ですよという象徴的な表現、合図なのである。

 

関連記事

→男性が女性の悩みを共感するコツ!

→年下男性に好意を持つ女性の心理!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031