USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

USJへ九州や東京など遠方にオススメの高速バスやツアー!

USJに訪れる際、関西圏またはその近隣に在住でない限り、ほとんどの人が飛行機や列車、バスなどの交通機関を利用することになります。

また、ある程度ゆとりを持ってパーク内で遊びたいならば、付近の宿泊施設を利用した1泊2日以上の日程になるでしょう。

USJへ向かう誰もがきっと、便利で快適に、そして、できるだけお得な価格で出かけられることを望んでいるはず。

 

では、どうすればそれらを満たした有意義な旅行をすることができるのでしょうか。

これからご紹介するのは九州などの遠方にオススメの方法です。

スポンサードリンク

 

パッケージツアーを利用する

 

各地域の旅行会社が主催する主なUSJ行きのパッケージツアーは、出発地からUSJまでのJRまたは飛行機での往復とホテルがセットになった1泊2日タイプのものが主流です。

 

多くのツアーは、料金には「スタジオ・パス」の代金が含まれておらず、ツアー申し込みの際、同時に購入する方式になっています。

「スタジオ・パス」が付いたツアーももちろんあり、このツアーの方がややお得な価格になっていることが多い。

 

★交通手段はどうする?

おおまかに分けると、東京より西、中部、近畿、中国エリアからの出発は列車かバスのプラン。

新潟以北の地域と、九州、四国以南の地域から出発のものについては飛行機プランが用意されている。

 

東京からは列車、飛行機、バスと、それぞれにツアーが組まれていて選択の幅が広い。

同じ東京発のツアーでJRと飛行機の値段を比較すると、ほとんど料金は変わりません。

しかし、土、日、などの週末やゴールデンウィーク、夏休み、クリスマス、年末年始といった繁忙期や長期連休は、飛行機プランの方が数千~1万以上高くなることが多いです。

 

また近年、いずれのプランの場合でも、出発時間をずらすのに追加料金がかかる仕組みになっています。

例えば、通常の設定は6時台などの早朝、または11~15時など昼から午後にかけての出発時間になっていて、最も混雑が予想されるそれ以外の時間帯は、1000円~増で時間指定ができるようになっているのです。

 

なお、列車の場合は新大阪駅から、飛行機の場合は大阪国際空港か関西国際空港から、USJまでの交通費は含まれていないツアーが多い。

 

★ホテルの選択

滞在の拠点にとなるホテルは使い勝手がいいUSJ提携ホテルに宿泊してみたい。

提携ホテルのなかでもとくに「オフィシャルホテル」は、パークから徒歩数分の立地にあったり、館内に「ユニバーサル・スタジオ・ストア」が設けられていたりと、ホテルごとオフィシャルならではのメリットがあります。

 

特典も付くうえ、繁忙期を除いて他の提携ホテルと料金はさほど違わないのでお得感はあります。

その他、大阪の繁華街周辺や神戸などのホテルも用意されているので、USJにプラスして近隣都市で遊ぶ予定の人は活用しましょう。

 

★パッケージツアーの特典

旅行会社ごとにさまざまな特典が用意されています。

それが魅力でもあります。

 

主な特典は以下の通り。

 

・USJ内で使用できるミールクーポン

・人気アトラクションの優先入場券

・USJのオリジナルキャラクターグッズ

 

この他、ホテルごとにファミリー向けの特典や朝食を昼食にチェンジするサービスなどを設けている場合もあります。


スポンサードリンク


 

具体的なツアーの選び方

 

遠方から近畿地方まで遊びに来たのなら、京都、大阪、神戸などの近隣都市にも立ち寄りたいところ。

USJ行きのパッケージツアーは1泊2日のものが主流。

1日はUSJで遊び、もう1日は近畿の都市を訪れるツアーもあります。

 

また、大手の旅行会社はどこも2泊3日のプランも用意しているので、時間に余裕があれば近隣都市にのんびり滞在してみてはいかがですか?

この場合に悩むのが、宿泊地をどこにするかということです。

パッケージツアーは、たいていのものがホテルを選べるようになっているので、初めから大阪や京都、神戸に行く予定があるならば、それらのエリアのホテルを予約するのもいいでしょう。

 

仮に少し離れていても、この範囲ならどこに宿泊しても1時間以内でUSJまで移動できる場所です。

 

 

★高速バス利用激安プラン

往復に夜行の高速バスを利用するプランならば、1日だけの休みでもUSJで存分に遊ぶことができます。

東京からの場合、1日目の21時以降に出発し、翌朝はUSJのオープン前に現地到着。

 

2日目の日中はUSJを満喫し、夜21~22時台に大阪・梅田を出発。

3日目の早朝に東京へ戻るというのが一般的な工程。

往復ともバスの中での睡眠となるため、体力のいるプランではありますが、往復の夜行バスにUSJの「スタジオ・パス」が付いて1万4000円前後という例もありました。

 

「スタジオ・パス」が大人6980円なので、高速バスの往復代金は実質7000円前後という計算になります。

また、最も安い時間帯の便を利用しても8000円以上するのが普通で、個人手配するよりもお得です。

 

関連記事

→USJ、ハリーポッターのバタービールがあるレストランの値段やその攻略!

→マジカルスターライトパレードの時間や裏ワザ!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829