USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

愛される女性からモテる女性になるには?

現代ではフリーでいたいという女性が増えてきています。

その理由として、「フリーの方が気が楽だし、友達と行動するほうが楽しい」ということ。

しかし、それは若い人の意見である。

 

今はまず、愛される女性よりも、モテる女性になりたいという女性の方が多いかもしれません。

ただ、モテるとはいってもそんな簡単にモテることなんてできるのでしょうか。

愛されるのは彼氏ができてからでもいいはずです。

 

モテ始めたら、その中から本当に自分を愛してくれる人を探すのです。

今は愛される女性よりもモテる女性になりたい時代に変わり始めています。

スポンサードリンク

 

「愛される女性」から「モテる女性」の時代へ

 

「男に愛される女」と聞くと、どんなイメージが湧くでしょう。

まず、やさしくて、かわいらしくて、一人の男を誠実に愛して、男の言うことをよく聞く女性。

自分のことより相手のことを優先して、控えめで、もちろん浮気なんかせず、家庭的。

 

化粧や身なりには気をつけているけど、決して派手すぎることなく、個性的すぎる格好などもしない。

男相手に議論したり説教したりせず、でも、芯は強いところがあって、あまり酒も飲まず、仕事はしてもほどほどで…。

といったイメージが浮かんできませんか。

 

今度は、「男にモテる女」と聞くと、どんなイメージが湧いてくるでしょう。

ボーイフレンドがたくさんいて、次から次へと恋をして、ときと場合によっては派手な格好、ひどく個性的な格好などもする。

家庭的というよりむしろ社交的で、男相手に議論もすれば、ときには酒もよく飲むし、仕事もいざというときは男顔負けにがんばる。

 

自分優先で、男にサービスするよりむしろ男にサービスさせて、自由で、能動的で、でも、やさしいところ、相手を思いやるところ、かわいいところ、セクシーなところを見せる女…。

というイメージが湧きませんか。

こんなふうに、「愛される女性」と「モテる女」の二つを対比してみると、とてもおもしろいことが見えてきます。


スポンサードリンク


 

「愛される女性」とは、世の中の多くの人たちが「こうなってもらいたい」あるいは「こうあるべきだ」と思う女性の姿だということです。

私たち日本人はこのような女性の姿を女性としての理想だと思ってきました。

現代は価値観も多様になり、さまざまな考え方、生き方が認められるようになってきていますが、それでもやはり、多くの人が、こうした「愛される女」をよき女性像としてとらえています。

 

でも、ちょっとばかり情けないことですが、このような「愛される女性」像を勧める人たちがその理由としているのは、「結局、そういう女性のほうが夫に愛され、夫の実家にも愛され、得なのよ」ということでしかありません。

しかし、時代は変わりました。

結婚しない女性も増え、結婚の形態も自由になり、女性も男性に負けないくらい稼ぐようになりました。

 

すると、こうした考えにも根拠がなくなってしまったことになります。

反対に「モテる女」のイメージは、これまで理想の女性像として語られることがほとんどありませんでした。

それどころか、たいていは「そんな女はアパズレってことじゃないか。そんな女、結局は男に見捨てられて損するよ」などと言われて、道徳的に見ても、また損か得かという面でも、あまり認めてもらえませんでした。

 

でも、いまの日本の若い女性を、いや、あまり若くない女性も含めて眺めてみると、彼女たちの理想の女性像や女性としての価値観や人生観はいつの間にか「愛される女」から「モテる女」へ大幅にシフトしたのがわかります。

いま、日本の女性の多くが「モテる女」になりたくて、もっと恋をしたくて、そのために働き、遊び、努力し、おしゃれし、喜んだり、悩んだりしているということです。

自由奔放な、ときには不道徳と言われそうな、恋愛と結婚と離婚を繰り返す女優や女性歌手などがなぜ、女性の間であんなにも支持が高いのでしょうか。

 

出会い系サイトやテレクラ、メル友、合コンなどがなぜこんなにはやっているのか、そんな見ず知らずの男との出会いに、まだ中学生の女の子や恋人のいる女性、結婚している女性までがなぜ平気で入り込んでいくのでしょうか。

このような現象はすべて、女性たちのこの「モテる女」を理想とし、自分の目標とする気持ちを考えれば、すぐにでも説明がつくでしょう。

言うまでもありませんが、女性の価値観が完全に変わってしまったわけではありません。

 

「モテる女」も、最終的にはステデイな恋人や夫に深く愛されたいわけですし、またそのように愛されることが「モテる」ということでもあります。

ただし、「モテる女」になるといっても、相手があることですから、そう簡単にはいきません。

単に「男にとって都合のいい女性」になってしまったり、必要以上に自分を偽るというケースもよくあります。

 

こうなると結局、自分を見失い、愛を失うことになってしまうんですね。

とはいえ、恋には多少の戦略も必要です。

この辺が難しいところでしょう。

 

モテる女になるということは、いかに自分にとっても相手にとってもプラスとなる恋をするか、また、そのような恋ができる女性になるかということなのです。

 

関連記事

→男性が恋愛に行動しない心理とは

→恋をしたい女性の悩みと心理学!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930