USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

恋をしたい女性の悩みと心理学!

あなたは今、恋で悩んでいますか?

現代は仕事で悩むことと同等に恋愛。

つまり恋で悩む女性が増えてきています。

 

なぜ、恋で悩んでしまうのでしょうか。

このページでは恋で悩む女性の心理学をご紹介します。

もしかしたら、その解決法がわかるかもしれません。

スポンサードリンク

 

恋で悩む女性の心理学

 

恋の悩みは危険な悩みです。

とくに若い女性は、恋の悩みのために自分を苦しめ、傷つけ、病気にもなり、ときには自分の命さえ奪います。

もちろん、人が悩むのは恋だけではありません。

 

勉強でも仕事でも、家族の問題でも、友人とのことでも、人はいろいろ悩みます。

このような悩みでも、食欲をなくしたり、元気がなくなることはありますが、若い女性が仕事や勉強のことで悩んで、床に寝たまま起きられなくなったり、自殺を図ったりすることはあまりないでしょう。

また、悩んだ末におかしくなって、相手のところに毎日何十回も電話したり、追い回したり、刃物を持って追い回すということもありません。

 

しかし、恋の悩みではそうしたことがよくあります。

つまり、恋の悩みと他の部材の悩みとには大きな違いがあるのです。

仕事や家族の悩みなどは、いい相談相手を得て、理性的によく話し合い、事態を理解し、その理解に基づいて理性的な行動をとれば、解決策や別の新しい道が見つかります。

 

でも、恋の悩みはこうはいきません。

いくら話し合って、事態をよく理解して、理性的な行動をとっても、悩みは一向に減らないどころか、さらに深刻になって一層心を傷つけたり、悩みから抜けられなくなったりすることが非常によくあります。

恋の悩みは本当に危険で、心を傷つけ、その人を深く悩ませるものです。

 

こう考えれば、恋に悩んだからといって、なにもおかしいことはありません。

たしかに、恋なんて、端から見ればたかが一人の男とのどうということのない出来ごとです。

しかし恋に悩み苦しみ、病気になったり、死にたくなったりしたところで、あなたはおかしくもないし、パカでもありません。

 

あなたがこれほど悩むのは、それだけ恋があなたにとって重要だからなのです。

どうってことのない男の一人や二人との、吹けば飛ぶような、どうってことのない幸せや悲しみが、それだけあなたにとっては重要だからなのです。

なぜ、そんな恋などという、毎日そこらじゅうで生まれては消えていく平凡でちっぽけな心の迷いが、あなたにとってそんなに重要なのか。

 

その理由は、このページを読み進めればわかってきます。

「恋」とはどのようなものか、その辺りのことを明確にしておきましょう。

 

【恋愛心理】

●恋で悩むのは自然のこと。

恋の悩みはあなたの健康の証です。

 

●恋の悩みほど危険で深いものはない。

それは恋とは人生のもっとも本質的なものにかかわっているからなのです。


スポンサードリンク


 

行動とアクションがなければ恋とは言えない

 

当たり前のことですが、恋とは心だけのものではありません。

だれかを一目見て、いくら好きになったような気がしたところで、なにも行動を起こさなかったらそれは恋でもないし、恋をしているとはいえません。

たとえば男性の場合、街を歩いているときや電車のなか、オフィスなどで、「こういう女っていいよなあ。見てるだけで胸がどきどきしちゃうよな。あんな女とデートなんかできたら幸せだろうな」と思えるような女性を見かけることがよくあります。

 

日によっては、そのような女性を何度も見かけることもあります。

見かけたあと心にそこはかとなく残っていることもあります。

でも、その男性が女性に声をかけたり、デートに誘うなど、なんらかの形で二人の時間を持とうとしなければ、たとえ心ではいくらその女性のことを考えていたところで、恋をしているとはいえません。

 

恋をしかけたともいえません。

同じことは女性にも当てはまります。

もしある女性が隣のオフィスにいる男性に惹かれていたとします。

 

「都駅いいな。センスありそうだし、セクシーだな。あんな男性に誘われたら、すぐにOKしちゃうのに」彼女はいつもそう考えています。

しかし、その男性と廊下ですれ違っても声をかけたりせず、目も合わせないで知らんぷりして通り過ぎてしまったり、エレベーターでいっしょになったとき、せっかく男性のほうから話しかけてきたのに、ほとんど答えずにさっさと行ってしまったりしていたら、彼女は恋をしているとはいえないのです。

反対に、はじめは気にも留めていなかったし、それほど好みのタイプでもないけれども、話をしてみたら、「この人、何となくいいな」と思うようになることはよくあります。

 

そこで、にっこり笑いかけたり、誘われやすい仕草をしたり、さらには二人で過ごす時間を持とうとしてデートでもするようになれば、それは恋のはじまりです。

まあ、必ずそうとは言いきれませんが、少なくとも恋がはじまる可能性があります。

さらに二人で何度も会うようになれば、それがどういう形のデートであっても、恋に落ちる可能性は相当高くなるでしょう。

 

こう考えてみると、恋も行動の一種だということがよく分かります。

恋とは、ただ精神や気持ちだけではなく、むしろ、実際にどのような行動をとったかということなのです。

恋について語るとき、重要なことはその人の恋の相手との行動、アクションについてよく見て、分析することなのです。

 

こんな当たり前のことを改めて書いたのには、わけがあります。

人はどのようなときに恋の行動に出るのか、どのような条件が整えば相手に対して実際にアクションを起こすのか、逆に行動に出ないのはどんなときか、アクションを起こさない理由はなにか、ということを考えてみるためです。

そしてそれを知ることが「モテる女」になる第一歩なのです。

 

【恋愛心理】

●恋とはアクション。

体でするものです。

 

●恋とは心のなかではじまるものですが、その思いが行動に芯ったときが本当の恋のはじまり。

●単に心のなかで相手のことをあれこれ思っているだけなのに、「自分はいま恋をしている」などと勝手に考え、喜んだり悩んだりしている人がいるが、これは外国の地図を見ているだけで、海外旅行した気分になっているのと同じ。

 

関連記事

→男性でも女性でも好意のサインや瞬間は同じ!

→男性が恋愛に行動しない心理とは

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30