USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

恋愛初期の男は恋愛を心理ゲームで楽しんでいる!?

男の恋愛心理ってけっこう難しく考える女性は多いかもしれません。

実は、男の恋愛心理というのはとても単純なのです。

恋愛初期で男の恋愛心理がすぐ分かるのです。

 

このページをみれば恋愛初期の男の恋愛心理がすぐわかるかと思います。

女性の方からすると信じられないかもしれませんが、これが事実なのです。

このページで男のイメージがガラッと変わるかもしれません。

スポンサードリンク

自分の魅力を確認するための恋愛心理

 

子供っぽい、ばかばかしい質問に聞こえるかもしれませんが、なぜ私たち人間は体の関係になりたがるのか、そんなことから考えてみましょう。

これにもまた、自分の子孫を残すため、快感を求めて、互いの愛を確かめるため、刺激を求めて、単に寂しいからなど、数多くの理由や目的があります。

これらの理由や目的はそれぞれみな真実です。

 

でも、これではちょっとぼんやりしすぎていますから、もう少し明確にするために、まず男の性行動と性心理を少し詳しく見てみましょう。

健康な若い男性が女性と知り合うと、ふつうまず心に浮かぶのがゲームに似たある種の遊び感覚です。

彼はゲームでもするように、女性にアプローチし、自分の才覚のありったけのものを使って、自分の男としての魅力を見せて、その女性の心をなんとかして引きつけ、体の関係に持ち込もうとします。

 

このとき彼にとってなにが一番気がかりかといえば、「この女は俺を受け入れてくれるだろうか」ということです。

一緒に食事をしているときやパーでグラスを傾けているとき、映画を観ているとき、ドライブしているときなど、いつも彼の頭のなかにあるのは、「彼女は俺を受け入れて、やらせてくれるかなあ」ということなんです。

そして、女性の反応を探って、「けっこういい線行きそうだ」とか、「このまま適当に遊ばれて、パイパイってことになりそうだな。やっぱり俺は魅力がないのかな」とか、そんなことばかりが頭のなかをよぎっています。

 

女性にとってはちょっと寂しいことでしょうが、こんなときの男は、いまアプローチしている女性のことはあまり考えていません。

相手の女性が自分を気に入ってくれたかどうか。

自分を受け入れてくれそうかどうか、そんなことばかりに神経がいっていて、その女性の興味や、どんな価値観を持っているのか、ふだんどんなことをしているのか、性格はどうか、といったことにはあまり注意を払っていません。

 

「そんなときの男の人って、女性の顔とか身体とか、表面的なところしか見ていないんじゃないの」と、考えるかもしれませんが、一層悲しいことに、とくに若い男はそうですが、自分の好みの顔かどうか、または脚の線がセクシーかといった、肉体的、表面的なことさえも、それほどしっかり見てはいないのです。

彼の頭にあるのは、「彼女は俺に性行為をさせてくれるか」ということばかりで、つまりは「俺は、この女に受け入れてもらえるだけの魅力があるかな」ということだけなんです。

言い換えれば、女性に一生懸命アプローチしているとき、彼は目の前の女性ではなく、その女性の目にさらされている自分の姿を必死になって見ているんですね。

 

そして、女性が彼を受け入れて性行動に応じてくれれば、「やっぱり俺はモテるんだ」という満足感が得られます。

また、女性が彼との性行動で深い快感を感じているようだったら、「男として受け入れられ、認められた」という気持ちが一層強くなり、自分の魅力を確認できたことでさらに幸福感を強めるわけです。

まるで、女性をダシに使って、自分の魅力を計るゲームか賭事をやっているようなものです。

 

ここまでが第一ステージです。

次に第二ステージに入ります。

ちょっと極端な言い方をすれば、この第二ステージに入って、初めて男はいま性行動した女性がいったいどんな人間なのかを観察しはじめるのです。


スポンサードリンク


 

一応自分の魅力を確認できたので、相手の女性を見る余裕ができたんですね。

彼はその女性の容姿や性格を注意深く吟味して、はたして彼女は今後もつき合っていく価値があるのかどうかを決めるのです。

一回、あるいは二、三回性行動したら、男から電話もメールもこなくなったという。

 

多くの女性が経験している苦い体験は、だいたいこういうカラクリがあるからです。

こんなことを聞くと、「だから女は男に口説かれたからって、すぐにカラダを許しちゃだめなんだ」と思う人は多いでしょう。

しかし残酷なようですが、よく言われるこの道徳的なアドバイスも、実際はほとんどなんの役にも立ちません。

 

女性がいつまでも性行動を許さなかったら、男は「俺には魅力がないんだ。モテないんだよな」と気を落とし、自信をなくして、しばらくアプローチすることをやめてしまいます。

そして、落胆し、傷つき、醒めた心でその女性を改めて眺めるようになります。

これはこれで、第一ステージから第二ステージへの移行の瞬間なのです。

 

自分のだめなところを悟らされ、不幸な気持ちになった彼は、冷たい、意地悪な心でその女性を見て、再度アプローチする価値があるかどうか決断を下します。

そしてこの場合には、女性が性行動を許したときよりも何倍もの確率で、その女性とは「もう会ってもしょうがない」と決断をすることが多いのです。

その理由ははっきりしています。

 

当たり前のことですが、男は自分を拒絶した女性より、受け入れてくれた女性といっしょにいるほうがずっと幸福で楽しいですし、そうした女性に好意や愛着や愛情を感じるからです。

逆に、自分を受け入れてくれなかった女性に対して、敵意さえ感じる男はたくさんいます。

現代では性的に解放されていて、自由で、性行動を変に出し惜しみしない女性であるということが、男性にモテる重要な条件にさえなっているのです。

 

 

【恋愛心理】

 

●恋の初期の男は、みなゲーム感覚です。

でも、このゲーム感覚は不純でもなければ、不まじめだというわけでもありません。

むしろ、男の繊細さ、ナイーブさの現れなのです。

 

●ゲーム感覚が終わったときが男にとっての本当の恋のはじまり。

●男のこのゲーム感覚の心理を理解している女性こそが本当の「いい女」、男が求めている女性です。

 

関連記事

→告白されたときや成功したとき何が起こる?

→恋をしたい女性の悩みと心理学!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30