USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

嫉妬深い男が「何してた」と聞いてどんな答えが信用性が高いか

彼女の行動をいちいちチェックしないと気がすまないという、嫉妬深い男性は大勢います。

「好きだから」という理由で束縛したくなる気持ちはわからなくもありませんが、あまり度が過ぎると女性からすればうっとうしく感じるものです。

嫉妬深い彼から「昨晩、どこで何してた!」と追及された彼女が、どんな答え方をしたかで本当に浮気をしていないかどうかをさぐるとしたら、もっとも信用できる彼女の答え方は次の四つのうちどれでしょうか?

 

1.「友達の〇〇ちゃんとカラオケ行ってたんだよ。

ウソだと思うなら、〇〇ちゃんに聞いてみてよ。」

 

2.「うるさいなぁ、いちいち詮索しないでよ!」

 

3.「あなたが会ってくれなかったから、友達と飲みに行っちゃった。」

 

4.「アホらしい。」

スポンサードリンク

 

彼女の答えに信用性があるのは

 

嫉妬深くて独占欲の強い人というのは、恋人がほかの異性と話すだけで怒ったり、電話をしたときにすぐに出なかっただけで「どこに行ってた?」「誰と会ってた?」などと、しつこく聞いたりします。

二人の関係がうまくいっているときというのは、こういった詮索も「愛されている証拠」と受け取れるかもしれないが、長くつき合うと嫉妬深さがうっとうしく思えてくることも多いのです。

 

彼が彼女の昨晩の行動を追及したときに、④のように「アホらしい」と、ばっさり切り捨てたときは、彼女が浮気している可能性は低い、つまり信用できると言えるでしょう。

しかし、いちいち詮索する男性の態度にいい加減うんざりしていて、もう別れたいと思っている可能性は逆に高くなります。

④のような答え方をした女性は、彼の束縛をうっとうしく思っていたり、自分を信用してくれないことに不満を持っている傾向にあります。

 

もし、このような答え方をする彼女と、まだ別れたくないと思っているのなら、嫉妬心をぐっと押さえて、相手にもう少し自由を与えるべきです。

そうすれば、彼女との関係はもっと安定したものになることでしょう。

嫉妬深い男性というのは、本人の性絡に問題があって、一見、彼女には何の責任もないような気がしますが、実際は、彼女が嫉妬するように仕向けていることも多いのです。

 

③のように「あなたが会ってくれなかったから、友だちと飲みに行っちゃった」という台詞を口にする彼女は、いつも誰かが一緒にいてくれないと気がすまないので、ちょっと目を離すと、寂しくてほかの男性に色目を使ったり、男友だちに連絡をとって遊びに行ってしまう。

つまり、彼をヤキモキさせて愛情を計ろうとする傾向が強いのです。


スポンサードリンク


 

このように、自分と一緒でないときに、誰とどこで何をやっているのか心配でたまらないと相手に思わせるタイプの人は、愛情に飢えた人が多いと言われています。

たとえば、③のような彼女は、時間に余裕があって一緒にいられる時間が長いときは、あちこち目移りせずに、穏やかな時間を過ごせるのに、彼が仕事で忙しくなったりすると、あてつけるように夜中に他の男性と遊びに出かけたり、肌を露出した派手な服を着て飲みに行ったりしがちです。

 

また、恋人にヤキモチを焼かせることで、相手がどれだけ自分に関心を持っているか、愛情を確かめようとしています。

もしくは相手が自分に振り回されることに快感を覚えるサディスティックな一面を持っている場合もあります。

つまり、③のような答え方を好む彼女はあまり結婚には向いていないといえるでしょう。

 

長い結婚生活では、いつでも一緒にいられるわけではないし、年中、相手の行動をチェックするわけにもいかないのです。

だから、ある程度はお互いを信用していないとニ人の関係を長く続けるのは困難になります。

③のような答え方をする女性は、いくら結婚していても、ちょっと目を離したすきに浮気に走る恐れがあります。

 

だから信用できないのです。

ここでの答えは4番になります。

「なにしてた?」と聞いて、彼女の答えに注目してみてくださいね。

 

 

関連記事

→恋愛が不安になった彼女が彼の本心を確かめたいとき!

→付き合い始めの彼女との距離を縮める言葉はこれ!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930