USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

彼女と別れたい…。彼女との最高の別れ方!

男女の別れ話に修羅場はつきものですが、世の中にはつき合う女性を次々変えているのに、なぜか恨まれない羨ましい人たちもいます。

では、彼が別れ話を切り出すときに、もっとも彼女に恨まれずにすむと思わる別れの切り出し方は、次のうちどれでしょうか?

次の4つの中から選んでください。

 

1.「僕はキミにふさわしくない、もっとステキな人が見つかるよ」

2.「他に好きな人ができたから、別れてほしいんだ」

3.「これ以上付き合うと、どんどんお互いを傷つけてしまいそうで怖いんだ」

4.「キミのことは大好きだけど、オレは一人の女性では満足できない男なんだ」

スポンサードリンク

 

彼女との最高の別れ方

 

別れの切り出し方は、男性と女性で違いがあります。

女性は、いったん別れを決心すると男性よりも潔く、はっきりと「別れましょう」と口に出せます。

それに対して、男性は、女性に泣かれたり、すがられたりするのが嫌で、なかなか別れを切り出せないはずです。

 

そこで、彼女や妻にばれるまで、ずるずると二股や不倫を続けてしまったりするもの。

それでも、どうしても相手に別れを告げなければならないときには、何と言おうか、あれこれ考えるものです。

誰だって、人に恨まれたくはないし、一度は好きになった相手なのだから、できれば傷つけたくない、と思うのが人情です。

 

そこで、男性は、「ほかに好きな人ができた」

「君をもう好きじゃない」

「飽きた」などという直接的な言葉を避け、①のように「僕は君にはふさわしくない」と、自分を卑下してみたり、③のように「傷つけ合うのが怖い」などと、あいまいな理由で彼女と別れようとします。

 

しかし、この言葉を信じて、「そんなに私を気遣ってくれているのね」

「あなたの言うとおりかも」などと、すんなり別れを受け入れる女性は稀でしょう。

多くは、別れたいという理由を納得のいくまで説明してもらわないと気がすまないはずなのです。

 

女性なら尚更です。

だからといって、②のように正直に「ほかに好きな人ができたから」という理由を言うと、女性によっては、激しい嫉妬心から、ストーカーまがいの行動をとったり、相手の女性に近づいて、自分の存在を知らしめようとする場合もあります。

人は「自分よりほかの人を好きになった」と言われると、「人に取られた」つまり「自分が負けた」と感じ、ひどく自尊心を傷つけられるのです。

 

たとえば相手の男性とは適当な気持ちでつき合っていた場合だとしても、プライドがズタズタにされた、という悔しさを恋愛感情に置き換えてしまい、「彼は私のもの」、「絶対に別れてやらない」などとムキになったりするのです。

このように考えると、四つの答えのなかで、もっとも彼女に恨まれにくい言葉は④の「君のことは大好きだけど、僕は一人の女性では満足できない男なんだ」でしょう。

 

なんと、都合のいい言い訳なんだろう、と思われるかもしれませんが、浮気性であることを自分で認め、「一人では満足できない」と、はっきり言い切られると、彼女としてもそれ以上、責めようがありません。


スポンサードリンク


 

「勝手なこと言わないでよ」

「あんなに愛してるって言ってくれたじゃない」などと、なじられはしても、「そんなの納得できない」

「きちんと説明しなさい」と追及はされにくい、というわけです。

 

「一人じゃ満足できない男だから」と言われたら、「それなら仕方ないわ」

「そんな浮気性なら私のほうからお断りだわ」などと、わりとすんなり受け入れてもらえることもあります。

しかし、この言葉は誰もが使えるものではありません。

 

いつも女っ気のない人が「僕は一人じゃ満足できない」といきなり言っても、なんの説得力もありません。

つまり、ある程度「プレイボーイ」のレッテルを貼られている、もしくは女性が男性に対して「この人は浮気しそう」

「モテるタイプだから」と思っていないと、通用しない台調と言えるでしょう。

 

「プレイボーイ」として、神話化されているのが、カサノバという人物は有名でしょう。

カサノバは十八世紀にイタリアで生まれたあと、世界各地を渡り歩き、39年間で122人もの女性と恋をした、と言われています。

カサノバの情熱は長続きせず、一人の女性に縛られたくない、いつも自由でありたい、と思うあまりに、婚約しても結局、いつも別れを選んでしまったという。

 

女性からすれば「なんて身勝手な男だろう」と思うかもしれないが、実はカサノバは、振った婚約者に対しては、アフター・ケアを怠らなかったという。

たとえば、自分が捨てた女性には、自分よりもふさわしい別の男性を見つけてやったり、高価な贈り物をしていたのです。

だから、振られた女性から非難されることもほとんどなく、プレイボーイの代名調として名を残すようになったのです。

 

④の台詞で別れ話を切り出すことの多い男性は、「仕方ないわね」という女性の優しさに甘えてばかりいるのではなく、カサノバのようにアフター・ケアをすることが大切です。

そうすれば、ひょっとすると別れた女性から「女たらしだけど、最高に素敵な人です」

「とても楽しかった。思い出をありがとう」などと感謝され、カサノバの称号を与えられるかもしれませんよ。

 

関連記事

→彼氏と別れたくないのに別れたときの対処法!

→また会いたいと思わせる方法の心理作戦!

 


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30