USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

初対面の合コンやパーティーでうまくいかない理由とは!

若い人たちなら合コン。

年輩になってくるとパーティー。

その中でも初対面での合コンやパーティーを開く人はいらっしゃるかと思います。

 

しかし、何度参加しても異性に全く興味を抱かれない。

そんな悩みをお持ちではないですか?

このページでは初対面の合コンやパーティーがうまくいかない理由についてご紹介します。

 

今後、合コンやパーティーに参加するという方にはぜひご覧になってもらいたいです。

スポンサードリンク

初対面でウケない

 

困ったことですが、パーティのような集まりに出席しても、初対面で「ウケない」人はたくさんいます。

まず初対面のとき、それ相応にだれかとうち解け、その後電話やメールが来たり、こちらからも連絡をするくらいに発展しなければ、恋どころか、ちょっとしたつき合いさえもはじまりません。

あっちのパーティ、こっちの飲み会といくらまめに顔を出してみたところで、結局なにも起きません。

 

そのうち人を恨んで、みんなを嫌いになって、パーティや合コンに誘われでも断るということになってしまいます。

 

①その場での自分の立場が決まっていない

まず、初対面でウケない人は、その場での自分の立場、あるいは自分の役割が決まっていない場合がよくあります。

いや、決めていないんですね。

 

パーティのような場所でも、あるいは二、三人でお茶を飲むときでも、自分がどういう立場であって、どういう役割を演じるかわからないと、なにをどこまで話していいのか、会った人になにをどこまで聞いたらいいのかわからず、仕方なく、なんとなく無口で受け身になってしまいます。

要するにシャイになってしまい、まわりの動きを眺めているうちに、自分から話したり、会話に乗っていくきっかけを失って、気がついたら一人だけ置いていかれた感じになってしまっているということが非常によくあるんですね。

自分が「初対面のときにどうもウケない」と思う人は、まず相手に会う前に、今日は自分がどんな立場で、どんな役割を演じるのか、自分でそれなりに決めておきましょう。

 

そうすれば、けっこう自然な感じで積極的に会話もできるし、すぐにシャイになってしおちいまう「いつもの自分」に陥らないで済みます。

 

②セルフメッセージが明確でない

これはもともと「自分の立場が決まっていない」ことから来ている場合が多いのですが、自分が何者で、どんな女で、なんの目的でそこにいるのかが明確でないために、服装にしろ、話す内容にしろ、態度や振る舞いにしろ、暖味で、どっちつかずで、消極的になってしまうのです。

すると、初対面の相手はどう対応したらいいのかわからず、結局、なかなか会話が弾まず、うち解けられないということになってしまうんですね。

 

異性と出会うということは、それがどんな形であっても、どこかに恋の可能性が隠れてるものです。

実際に、だれもがわずかではあっても恋の予感を抱きながら、その場へ行くはずです。

「恋とはお互いに自分の魅力を確かめ合うものだ」ということを。

 

自分の魅力を確かめるためにも、なにが自分の魅力で、なにをメッセージしたいのかということを、まず自分で決めていなければなりません。

恋は「本能のようなもので、自然に起きるのだから、自然体で待っていればいい」などと言って、古い心理学を受け入れたままでいると、結局なにも起きないということになってしまいます。


スポンサードリンク


 

③セルフイメージの作り方がわからない

自分を明確にメッセージするためには、セルフイメージがしっかりできていなければなりません。

そうしなければ、だれかに短い時間で自分自身を伝えることは不可能です。

 

問題は、そのセルフイメージとはなにかということです。

セルフイメージとは自分自身の魅力のことなのです。

そして、魅力というものは、行き着くところは、結局、その人だけのなにか個性的なものです。

 

ということは、明確なセルフイメージを持つことは自分自身の魅力を知るということであり、自分自身の魅力を知るということは自分の個性を知るということになります。

また、自分の魅力を知り、個性を知るということは、成熟した、大人の女性だということでもあります。

ところが、おもしろいことに、自分自身の魅力や個性は、自分が弱点と思っているところ、劣等感のすぐそばにあるものです。

 

しかし、自分の弱点や劣等感から目をそらし続けていたのでは、その魅力や個性も見つからず、それではしっかりしたセルフイメージも持つことができません。

このことからも、セルフイメージは、自分の個性に自信のある成熟した大人の女性だけが持つことのできるものだ、ということがよくわかります。

でも、いまの日本を見回してみると、女優やタレントからふつうの女性まで、みんな同じような茶髪、同じようなファッションにして、おしゃれしたような、自分の個性を出したような気になっている人が多いですね。

 

10代の女の子ならまだわかりますが、20代、ときには30代の女性にもこうした傾向が見られるというのは、正直、とても不思議で、幼稚で、ばかばかしい光景です。

彼女たちは自分の魅力がなんなのか、自分の個性はどこにあるのか、なにが自分のイメージなのか、残念ながらあまり考えたことがないのでしょう。

常にまわりを見て、ちょっと目立つ人のまねをすることがきれいになること、魅力的になることだと思い込んでしまっているんですね。

 

それで、みんなでまねをし合った結果、そろいもそろってみんな同じ髪色になってしまったんです。

もう数年すると、今度はみんなで黒い髪に戻るんでしょうけれど。

このような態度や意識やセンスでは、短期間で人の心に訴えることはほとんど不可能です。

 

でも、おもしろいことに、たいていの女性は「自分たちには訴えるだけの個性がない」と思いこんでいるようです。

そのために、人と会ったときに、どうセルフイメージを表現するか考えないんですね。

そのような女性は、男性の前で自分の個性を出すことはせずに、だいたいが「かわいこぶりっこ」競争を演じるわけです。

 

こうした競争で自分はどうも分が悪いと思った女性は、今度は三枚目を演じるようになります。

デフォルメされた女性像を演じて、少し違った角度から競争に加わろうとするんですね。

しかし、このような形になってしまっては、合コンやパーティや飲み会などをいくらやっても、結局みんなで化かし合いをしているようなものです。

 

お互いの魅力などどこにも見えず、いい恋の予感すらも感じ取れずに、いつのまにか恋をしない。

ただ「飲み過ぎた」ということで終わりになってしまいます。

このような実態を見れば、恋人を捜している女性たちが、いや、男もいまでは合コンやパーティに飽き飽きしているのは当然のことです。

 

④話が空回りしてしまう

それなりに自分のセルフイメージは持っているつもりだし、自己表現もそれなりに必宇くできるけれど、結局自分ばかり話していて、初対面の人と意志も通じ合えずに終わってしまうというケースもよくあります。

このような人の困った点は、一人で勝手にしゃべっているだけなのに、自分はウケていて、すごく魅力的だと思いこんでしまっていることです。

 

 

こういう女性はとても惜しいですね。

なぜなら、このような女性はけつこう個性的な考えや感性やセンスを持ち、それを自覚し、積極的に表現しているわけで、それ自体とても魅力的なことなのですから。

ただ彼女たちの欠点は「こんなことを考えていたり、知っていたりするのは私だけだろう」と思ってしまっていることなんです。

 

くわえて、自分の魅力をアピールする権利が自分だけにあるかのように、錯覚している部分もあるのです。

彼女たちが知っておかなければならないことは、私たちはみんなそれなりに自分の考えや感性やセンスを持ち、だれもがそうした自分を表現する権利がある、ということです。

二人で会うようなときも、また数人で集まる場合も、この自己表現の権利をいつまでも独占していたら、他の人たちは自分が軽く見られていると思い、不愉快な気持ちになって、その人のことを嫌いになってしまうということをよく知っておく必要があります。

 

このような人は、自分は「魅力ある自分」のイメージに酔っている一方、人間はだれもが魅力ある自己イメージを求めているということを忘れているのです。

そこでこのタイプの人は、自分の話は少し控え目にして、相手の話によく耳を傾ける、ときには質問して相手に話させることを心がけるべきでしょう。

相手の話を聞くということは、相手の魅力を理解しようとすること、そして相手にとっては「自分の魅力が受け入れられた」という満足につながるということを忘れずに。

 

【恋愛心理】

 

 

●自分はなにをしていて、どういう人間か、ある程度イメージを固めておく。

もちろん名刺があれば、持って行ったほうがいいでしょう。

 

●服装や髪型も、自分で考えたイメージに合わせてコーディネート。

 

●自己イメージが毎回少しすつ変わるのは自然なこと。

 

●自分だけ楽しまないこと。

自分だけいい格好をしないこと。

自分だけ主張しないこと。

みんなで分かち合ってこそ、人と会う意義があるのです。

 

関連記事

→魅力的な女性になるには傷つくことを承知すること!?

→男が付き合いたいと思う決め手とタイミング!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930