USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

女性の合コン必勝法!!テクニックはたった3つ!

彼氏がほしいと思う女性なら合コンでの必勝テクニックが知りたいはず。

そこで今回はそのテクニックをご紹介します。

ある仲よし女性四人組がいました。

 

仮にAさん、Bさん、Cさん、Dさんとしましょう。

Aさんたち四人は短大時代から大の仲よし。

卒業した今でもよく連絡を取り合っています。

 

さてこの四人組がひょんなことから合コンをすることになりました。

男性のメンバーは、テレビディレクター、お医者さん、一流外資系会社員、そして超ブランド大学の学生です。

スポンサードリンク

 

合コンの必勝法とテクニック

 

Aさんは、某事務所に所属してモデルをやっている美人。

この日はラフな格好で参加しました。

 

Bさんは、ルックス的にはふつうの女の子。

でも、服装にはあまり気を使いません。

彼女もラフな格好で参加しました。

 

Cさんも、ルックス的にはふつうの女の子。

顔だけ見るとBさんのほうがちょっとだけかわいい。

でも彼女はおしゃれには人一倍敏感です。

 

ファッション誌はいつも欠かさずチェック。

今日は、ヘアスタイルも、コーディネートもバッチリ決めてきました。

 

Dさんは、ルックスにはあまり恵まれていません。

そして服装にも無頓着です。

 

さて、男性たちは盛り上げ方も上手で、四人はとても楽しい一次会を過ごしました。

男性陣は金払いもよく、女性の食事もすべておごり。

四人は大喜びで二次会への期待をふくらませます。

 

場所替えの前に、女性陣が化粧室へ行ってる間、男性の間では誰がイチ押しか、秘密会議が行われました。

そしてなんと驚くことに、四人が女の子につけた好感度順位はまったく一致したのです!

さあ、みなさんも男性陣の会議に加わったつもりで好感度順位を考えてみてください。

 

誰が一番人気だと思いますか?

それでは解答です。

男性陣がそろってイチ押ししたのはAさん。

 

次に人気があったのはCさん。

そしてBさん、Dさんの順でした。

その理由を解説しましょう。

 

会って間もない段階で、男性が女性の何にひかれるかを知っていますか?

そうです、ルックスですよね。

こんなことは、女性のみなさんならばよく知っていることでしょう。

 

男性は女性にいち早く惚れなければならないからです。

というのも、女性は男性がどれだり自分に投資してくれて、誠意ややさしさを与えてくれるのかに、非常に敏感だからです。

そのため男性は、誰よりも早く女性に投資を開始したほうが、恋愛戦で有利となります。

 

また、男性は惚れてもいない女性に投資をすることはできません。

これを逆に考えると、惚れやすければ投資を迅速に行えるので、ライバルを出し抜くために有利になるというわけです。

こうして、男性は惚れやすいように進化してきたというわけです。

 

一方、女性はつきあう前に男性の投資や誠意があるかを確認するよう、進化してきました。

女性のほうが男性よりも「惚れっぽくない」のはこのためです。

さて、Aさんはラフな格好で参加したにもかかわらず、男性陣からは圧倒的な大人気。

 

まぁこれはルックスもよく、モデルという肩書があるので仕方ありません。

ちなみに、この「モデル」という肩書は、男性に対し強力な力を発揮します。

しかし、女性の肩書で男性に効果があるのは、モデル以外にはスチュワーデス、女優、アナウンサーといったものに限られます。

 

さて、これらの肩書は、ほかとはどこがちがうのでしょうか?


スポンサードリンク


 

・男性は競争率の高い女性を好きになる

 

男性は向性のライバルに「放っておくと奪われてしまう女性」に対して、強い嫉妬とときめきを覚えます。

奪われてしまうかもしれないのだから、全力をつくさなければ勝ち取れません。

「全力をつくす=強く惚れる=強く魅力を感じる」という図式で、競争率の高い女性には、自然と魅力を感じるのです。

 

そういう観点で、女性の肩書を見てください。

モデル、スチュワーデス、女優、アナウンサー、これらはすべて、多くの男性から見つめられる職業です。

つまり多くの男性から「ものほしそうに見つめられる」職業であることがわかります。

 

このような職業についている女性を射止めるためには、全身全霊をかけなければならないことを本能が感じ取り、だからこそ強い魅力を感じるわけです。

「そんなのくだらない!」と思う女性の皆さん、そのとおりです。

男性はくだらないのです。

 

しかし、だからこそ、そのくだらなさを衝かなければなりません。

 

・ファッションも競争率の高さをほのめかすのに有効

 

さて、ここからが本題です。

BさんとCさんでは、顔だけ見るとBさんのほうが少しかわいいのに、実際に人気があったのはCさんでした。

これはなぜでしょう。

 

簡単にいうと、男性に訴えかけるルックスとは、顔や服装を含むいわゆる見た目のきれいさを指すのです。

そのファッションに、多くの男性から「ものほしそうに見つめられる」という情報が加われば、さらなる効果が期待できます。

たとえば、カジュアルでも少し露出があったり、ボディーコンシャスな服装だったりというものです。

 

だから服装に無頓着なBさんよりも、おしゃれに敏感なCさんのほうが男性に人気があったわけです。

Dさんは論外です。

ただし、気が弱く、自信のない男性は、逆に競争率の高い女性を嫌います。

 

いくら追っても自分の実力では到底無理そうだと感じさせてしまうと、かえってあきらめられてしまうのです。

以上をふまえたうえで、ここでみなさんに、合コン必勝テクニックをご紹介しましょう。

 

 

★自慢話をする

 

女性はふつう、あまり自慢話をしません。

それは、男性よりも高い学歴や経歴があると男性、がひいてしまうことをよく知っているからです。

しかし、それでは自分が競争率が高い女性であることをアピールできません。

 

たとえば、あなたが商社に勤めているOLなら、たくさんの商社マンたちから口説かれていて迷惑なんです、くらいのことは言っておきましょう。

商社マンには学歴の高いヤリ手の男性が多いですから、そういう男性たちに追われているという事実だけでも、男性の競争意欲を沸きたたせることができます。

なるべく、「多くの男性たちに見つめられた実績」をさりげなく自慢するようにしましょう。

 

これは女性が想像しているよりも効果大です。

 

★カジュアル+流行+アクセサリー

 

ファッションが競争率をほのめかすとはいえ、いったいどんなファッションなら高い競争率を示すことができるのでしょうか。

これは、みなさんはご存じないと思います。

それは、ひと言でいうなら、快活でアクティブなファッション。

 

つきあいがよい、どこにでも遊びに行く、楽しいことには目がない、というイメージを男性に持たせれば、それはすなわち「ほかの多くの男性にも見つめられている」ことをアピールすることにつながります。

カジュアルで、明彩色(原色系)で、流行を追っていて、アクセサリーにも興味あり、といったものが、そのアピールとなるでしょう。

反対に、自分本意のアート系ファッション、黒一色の服、ブランドものなどは、逆にマニアックさをかもしだし、競争率が低い、または特定の男性しか興味を示さないというイメージを与えるので、なかなか超人気にはなれません。

 

★コントラスト効果

 

自分をよく知り、自分という商品を売り出すことが得意だということがアピールできれば、それは競争率の高さを示しているのと同じことになります。

たとえば、顔が濃い人は薄めのメイクをするとか、童顔の女性は少し大人びたファッションをするといったアピール法です。

これは決まったやり方があるというわけではありませんが、白い商品を目立たせようと思えば背景を黒っぽいものにして、白さを引き立たせようとします。

 

これをコントラスト効果といいます。

ですから、あなたも自己分析をして、自分を引き立てるには何がいいのか、考えてください。

これが決まれば、あなたは自分が「競争率の高い女性」であるという演出ができます。

 

関連記事

→恋愛で男が脈ありとわかるサイン!

→愛される女性からモテる女性になるには?

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031