USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

女性が好きな人とデートをするときのコーデはカジュアルが1番?

女性にも様々な人がいます。

清楚系の女性もいれば、お嬢様系の女性、ブランド好きな女性などなど。

では、デートをするときのコーデはなにが一番いいのでしょうか。

 

今回はデートのコーデについてご紹介します。

男性にも色々と女性に着てもらいたい服装ってあるかと思います。

事前にその彼に聞いてその彼の好きなイメージと似たコーデをするのも1つの手ですよね♪

スポンサードリンク

 

デート服のコーデで1番はなに?

 

★カジュアル系

もっとも大多数の男性の支持を得るファッションです。

ふつうさが「口説けば成功する可能性がある」というお手軽さを表すので、男性が接近しやすくなります。

 

特に初対面の男性にはカジュアルがもっとも効果的。

ふだんは個性的なファッションをする人も、男性と初対面という場面ではカジュアルを着用すべきでしょう。

ただし、デニム系のズボンなどは活動の高さをイメージさせ、同時にセクシーさを打ち消すので「初対面の男性を引きつける力」としてはイマイチです。

 

脚に自信のある方にはスカートをおすすめします。

 

★お嬢様系

肌の露出が少なく品のいいロングスカートや、スカーフやペンダント、ネックレスなどのアクセサリーに身を包むファッションで、高級感と清楚さがところどころにちりばめられているものです。

いまどきはやらないと思われがちですが、清楚さはいつの時代も変わらず、男性には強い人気を誇るもの。

 

しかし、このファッションは「親にしっかり守られている」イメージと、「自分には高嶺の花」というイメージを男性に与えるため、口説きにくさや、つきあったらわがままやぜいたくを言われそうというイメージがあります。

したがって、こういうファッションはイベント時や倦怠期を脱出したい時、また、豪華な食事の時などに、ワンポイントでするのがオススメです。

 

★お姉様系

少女ファッションから卒業して、通勤などに使えるビジネス系です。

フォーマルなよそおいが、礼儀正しさや清潔感、聡明感をイメージさせます。

 

OLには日常的に見られるファッションですが、男性は意外にもこうしたお姉様系を好むというデータがあります。

お姉様系が抱かせる、もっとも強いイメージは、お金に困っていない、経済観念がある、一般常識がしっかりしている、社会に適応しているというもの。

最近の男性は女性に経済力や社会性を要求する傾向があり、しっかりしていて頼りがいのあるお姉様系は、年下男性にも好まれるようです。

 

★コギャル系

せいぜい20歳までが限界と思われるこのファッションですが、20歳をすぎても、昼間のデートなどで身につけると非常に新鮮で「かわいい」というイメージを男性に与えることができるので、倦怠期のカップルのワンポイントの刺激にはいいでしょう。

ただし、根本的に社会適応性が少ないファッションのため、貞操観念が低いと思われがちになるのがたまにキズ。

自分に自信のない男性にこのファッションでのぞむと、敬遠されます。


スポンサードリンク


 

★ロリータ系

コギャル系と並び10代を連想させるので、男性には、素直で自分のいうことを聞いてくれて、操縦しやすい、つまり「誘ったらOKしてくれそう」と思わせるため、男性受けは非常によいでしょう。

しかし、女性同士ではもっとも嫌われるファッションであるために、これを身につけるには勇気が必要。

 

男性のハートをぐっとつかむための切り札として、ここぞという時に使いましょう。

このファッションは頭があまりよくないイメージも与えるので、長く身につけるファッションではありません。

 

★ブランド系

男性が知らないようなブランドならよいですが、有名な高級ブランドなら、これは男性に高いハードルを課すものとなります。

「私を口説きたいのなら金銭をかけてね」という印象を与えるため、女性が思っているほど男性には魅力的に映りません。

 

つまり、ブランド物を身につけると、自信のある男性か、金にものを言わせるタイプの男性を引き寄せることになります。

もちろん、男性自身がブランドに凝っていない場合も近寄りがたいイメージを抱かせるので要注意。

 

★セクシー系

昼間にセクシー系の服で男性に会うと、貞操観念が低いと思われるので避けたほうがよいでしょう。

基本的にセクシー系は男性を誘っていると考えられるので、一途な男性はこれに嫉妬するため、近寄ってはきません。

 

したがって、プレーボーイを寄せつけることになります。

クラブに行く時などはこういうファッションも光りますが、ふだん身につけていると、ろくな男性が寄ってこないということになりそう。

デートには不向きです。

「ここぞ」という勝負の時にとっておきましょう。

 

★モード系個性派

これは男性に対し、もっとも疎遠なイメージを抱かせます。

「チンケな男性は私に寄ってこないでね」という、男性シャットアウトのメッセージとして受け取られるでしょう。

 

したがって、デートの初回で個性的なファッションを身につりることは、極めて危険です。

また、このファッションは自分に相当自信のある男性しか寄せつけないため、つきあい出したはいいが、結局は非常に都合よく扱われてしまうという目にあいがち。

自己流の個性派ファッションは、ある程度親密になってから示したほうがいいでしょう。

 

これらはあくまで男性に対するイメージなので、女性には通用しません。

上手にこれらを組み合わせることで、さまざまな効果を発揮しますので、昼夜で使い分けたり、デート場所で使い分けたり、デート回数や親密度で使い分けたりするとよいでしょう。

もちろん、ファッションは強制することではありませんので、自分のスタイルを曲げたくないというのなら、それも自由です。

 

あくまで男性にはこのようなファッション効果があるということなので、自分の意思で使い分けてください。

しかし、何度もいうように、ファッションには相手の心理を操作する威力があります。

そこを考えずに、自分の好みだけでファッションを考えるようでは、それはまだまだ自分の我を通しているだけにほかなりません。

 

入社試験にヒョウ柄の服を着ていく人はいないのですから、男性とのデートの時も、相手のことを考える余裕を少しは持ってもいいのではないでしょうか。

どうしてもヒョウ柄でなくてはイヤだ、というあなたには、ぜひ一度、入社試験にヒョウ柄の服を着て行くことをおすすめします。

 

関連記事

→女性が着るデートの服装で色は大事!!

→彼氏や彼女が倦怠期の時期が来たとき乗り越えるには?

 


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930