USJの気になる情報や恋愛に関してもご紹介します。

menu

USJの楽しみ方

運命の人と出会う方法、出会う場所はある!

社会人にもなれば、運命の人との出会う場所は限られてきます。

しかし、その場所ではなかなか自分の好みの人と出会うことができない。

もっといい出会いの場はないのか。

 

そんな悩みをお持ちではないですか?

出会いのチャンスがないと思うのは仕方がありません。

しかし、出会いのチャンスも場所もたくさんあるのです。

 

社会人になったからといっても休みは必ずあります。

1日しか休みがなくて、それどころじゃない!

という人でも出会いのチャンスはちゃんとあるのです。

スポンサードリンク

 

出会いのチャンスがない

 

「出会いのチャンスそのものがない」と思っている女性はとても多いようです。

私のところにもこのような相談に見える人はたくさんいます。

でも、こう思ってる人は、もう一度自分のまわりを見回してみてください。

 

仕事の関係の人たち、友だちの知り合い、よく行く店のお客さん、スポーツジムに来る人、学校の同窓生や先輩、パソコン教室のインストラクターや生徒など、指を折って数えてみるとけつこう可能性のある男性はチラホラといるんじゃないですか。

案外、自分がなにもしないで怠けているだけで、ちょっとでも動いてみたら、なにかが起きるのかもしれません。

まわりの男たちだってそれなりにステキなのに、毎日見ているためにかえって食わず嫌いになっているだけかもしれません。

 

以前はなにもいいことがなかった仕事関係の飲み会にも、いやがらずにまた顔を出してみたらどうですか?

今度はおじさんたちばかりでなくて、若い男性も来ているかもしれませんよ、それもいい男が顔を揃えて。

なかなかそう思えなかったら、自分の趣味や特技を極めるつもりで、なにかの教室に通ってみたり、サークルに入ったりするのがお勧めです。

 

たとえば、ジャズボーカルを教えてくれるスクールや、中華料理の教室、地域の読書会、山歩きの会など、なんでもいいんです。

好きなことに打ち込んでいる女性は魅力的ですし、そこに顔を出している男性とは話も気持ちも合うことが多いので、恋に花咲くことはよくあります。

実際、私の知り合いの女性でも、山歩きの会や読書会といった集まりでいい男性に出会い、恋に落ち、結婚までたどり着いたという人は何人もいます。

 

では、いまはやりのメールを通じて異性と知り合うのはどうでしょうか。

なにも悪くはありません。

携帯電話とかメールとか、そんな文明の利器を男と女の出会いにも活用しない手はありません。

 

うまく活用すれば、多くの男性とお互いの情報を交換することができるし、多くの男性のなかから自分に合いそうな男性を見つけることもできます。

ただし、メールなどで男の人と知り合う場合、お互いに顔も合わせず声も聞かず、なにも相手のことがわからないゼロの状態からのスタートであり、まったく責任のない関係なので、いくらでも嘘をつけるということをしっかり覚えておかなければなりません。

まず、自分のことを最初から、弁護士、医者、大学助教授、(自営業と言わずに)社長、あるいは大きな会社のエリート社員などと紹介する人は、だいたいが嘘だと思って間違いないでしょう。


スポンサードリンク


 

もちろん、世の中にはこういった、いわゆるエリートはたくさんいますが、実際にこういう人が恋人探しを目的としてメールを利用する場合、自分の地位はなかなか明かさないものです。

よく知らない女性と恋愛関係になって、もしその女性がストーカーのような人だったりしたら、自ら築き上げた地位や評判が危険にさらされるからです。

また、外資系社員、ブティックなどの経営者、スポーツ・インストラクターなど、女性が好みそうな職業を名乗るのもけっこう嘘があります。

 

会ってみたら、できるだけ名刺をもらうこと。

もし名刺をくれなかったら相当怪しいと思っていいでしょう。

また、たとえ名刺をくれた場合でも、職場を確かめておくことです。

 

相手の人となりにしろ、会社にしろ、メールで語っていたのとは全然違うことはよくあることです。

本人は独身だと言ってたのに、実際は年もだいぶ上で、奥さんも子供もいるということはいくらでもあります。

男のつまらない嘘にだまされないように、最初から細心の注意を払っていなければなりません(ちなみに、結婚して子供もいる女性が年を10歳も15歳も若く偽って、独身のふりをして男とつき合うということもよくあることですから、この点に関しては男も女も同罪ですが)。

 

こんな具合にメールの悪い点、怖い点をあげれば切りがありませんが、メールを通じていい異性と出会って、いい恋愛をし、ついには幸せな結婚にまでこぎつけたという人がけつこういるのもまた事実です。

メールのよさは、だれでもちょっと努力すればデートまではできること。

気が弱かったり、シャイだったり、まわりに適当な異性がいなかったりして、恋人を作る前にデートそのものができずに、そのはるか手前でもんもんとしている男性は多いですし、もちろんそんな女性もたくさんいます。

 

そんな人たちにとっては、顔を合わせずにアプローチができ、ちょっとした努力次第でデートに持ち込むことのできるメールは大きな味方でしょう。

結論を言えば、メールやインターネットで男との出会いを求めること自体、どこも悪くはありません。

ただ、ちょっとでもおかしいと思ったら、人によく相談して、自分一人で突っ走らないように。

 

くれぐれもだまされて傷ついたり、お金を取られたり、危険な目に遭わないように注意が必要です。

 

【恋愛心理】

 

●「出会いのチャンスがない」と言う前に、もう一度毎日の生活を振り返って、本当にチャンスはないのか確かめるべきです。

新たな気持ちで捜してみると、未知の男との出会いのチャンスなんて、けっこう転がっていたりするものです。

 

●自分の趣昧や特技を極めようとして、サークルやなにかの会などに入るのはとてもいい方法です。

好きなことをやっている女性は魅力的ですし、趣昧の合う男とは性格も合うことが多いでしょう。

 

●メールで出会いのチャンスを捜すのは決して間違ってもいないし、悪いことでもありません。

ただし、メールでは嘘がいくらでも言えます。

最初から変にいい格好をしたり、地位があるようなことを言う男には要注意です。

 

●本性を隠せる便利なメールでの出会いには、相当危険もあるということを忘れずに。

 

関連記事

→女性の恋愛タイプで恋が叶うかできないかわかる!

→魅力的な女性になるには傷つくことを承知すること!?

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031